スクラロースの概要

japan_brochureスクラロース は、砂糖を原料として作 られるノンカロリー甘味料です。砂糖 に近い味わいに加え、優れた安定性が あるという特長から、様々な食品や飲 料に広く利用されています。

スクラロースは、1976年に英国の食品素材メ ーカーTate&Lyle社とロンドン大学クイーンエリ ザベス・カレッジの研究によって開発されまし た。その後、Tate&Lyle社、McNeil Nutritionals 社、Johnson&Johnson社の3社の共同研究によ って、ノンカロリー甘味料として商品化されま した。

スクラロースは砂糖を原料としており、特許技 術を用いた複数の工程を経て、砂糖の分子構造 の一部を化学的に変化させることで合成されて います。砂糖に近い自然な甘さと、砂糖の約 600倍の甘味度を持っていますが、砂糖のよう に体内でエネルギーとして分解・吸収されない ため、カロリーはゼロとなっています。

スクラロースの特長

砂糖に近い自然な味わい

スクラロースは、砂糖に近い自然な味わいが特 長です。独立した研究機関が行った科学的な味 覚分析によると、スクラロースは砂糖に極めて 近い味覚を有することが確認されました。

優れた安定性

hero_smoothieスクラロースは、優れた安定性を有しており、 食品加工の過程を経ても、その甘さが保たれる ため、様々な食品、飲料に使用が可能です。ベ ーキング、キャンニング、低温滅菌、殺菌処理 加工など、高熱 が加えられる製造工程にも対 応する耐熱性があるほか、長期保存にも耐えう る特性があります。また、炭酸飲料のほか、ソ ース、ゼリー、乳製 品、あるいは果汁飲料 等、酸性の液状製品に 使用しても、非常に高 い安定性を保つことが できます。さらに、ホ ットドリンク用のミッ クス、インスタント・ デザートなどの乾燥食 品でも優れた安定性を 発揮します。

カロリー低減に有効

スクラロースは、摂取しても体内でエネルギー として吸収されることなく排出されるため、カ ロリーはゼロです。また、体内で分解された り、蓄積されることもありません。砂糖の代替 としてスクラロースを使用することにより、食 品や飲料のカロリーを低減させ、実質的にはカ ロリーをゼロにすることも可能です。また、研 究の結果、スクラロースが口中細菌の増殖を促 すことはなく、虫歯の原因にならないことも明 らかになっています。

誰にでも安心

eating-brochureスクラロースは、お子様や妊娠中、授乳中の女 性をはじめ、どなたでも安心して摂取できま す。また、砂糖のように炭水化物として体内で 消化、吸収されないため、血糖値やインスリン 値に影響を与えることもありません。

安全性

食品添加物の中 でも、スクラロ ースに関して は、特に広範か つ多くの安全性 試験が実施され ました。これま でに100件を超 える安全性試験 が行われており、20年間という長期にわたる研 究によって、その安全性が実証されています。

安全性を確認するために、通常の摂取量を大幅 に超える量のスクラロースを投与し、リスク評 価を行ったところ、発がん性、遺伝毒性、生殖 発生異常、免疫系、中枢神経、代謝等への有害 な影響は認められませんでした。このようなす べての安全性試験において、ヒトがスクラロー スを摂取しても安全であるという結果が得られ ています。

消費者ニーズへの対応

icecream最近の研究結果によると、健康志向によって、 低カロリー、糖類ゼロの食品、飲料に対する消 費者の関心が高まっていることが明らかになっ ています。これに対し、食品メーカーは、おい しくてカロリ ーを抑えた製品を豊富に取り揃 え、消費者に提供する努力を重ねています. 応する耐熱性があるほか、長期保存にも耐えう る特性があります。また、炭酸飲料のほか、ソ ース、ゼリー、乳製 品、あるいは果汁飲料 等、酸性の液状製品に 使用しても、非常に高 い安定性を保つことが できます。さらに、ホ ットドリンク用のミッ クス、インスタント・ デザートなどの乾燥食 品でも優れた安定性を 発揮します。 スクラロースのような安全で低カロリーの甘味 料の開発、使用の認可は、このような消費者ニ ーズに応えていく上で重要な役割を担っていま す。

砂糖に近い自然な味わいと、優れた安定性を兼 ね備えたスクラロースは、幅広い製品への使用 に適しています。

スクラロースは、これまでカロリーあるいは 糖分を抑えた製品を 開発するのが難しい とされていた分野に おいても、新たな可 能性をもたらしまし た。その結果、カロ リーを抑えたクッキ ー、ケーキ、アイス クリームのトッピン グ、フルーツパイの フィリングなど、スクラロースによって新分野に おける低カロリー食品が誕生しました。また、従 来からスクラロースが使用されていたジャム、ゼ リー、チューイングガム、炭酸飲料等、既存の市 場の拡大にも貢献しています。このようにスクラ ロースは、味わいに優れ、安定性が高く、かつコ スト競争力の高い製品の開発を可能とするととも に、様々な低カロリー食品・飲料を求める消費者 のニーズにも対応しています.