よくあるご質問と回答

questions_girlQ スクラロースとは何ですか。
スクラロースは砂糖を原料として作られた、ノンカロリー、高品質の甘味料です。砂糖の約600倍という高い甘味度と、砂糖に近い自然な甘さが特長で、世界中で広く使用されています。日本においても、飲料、菓子類、乳製品、デザート、漬け物、珍味、調味料など、多くの製品に使われています。スクラロースは、摂取しても炭水化物として体内で消化、吸収されることはないため、カロリーや糖分の低減にも役立ちます。

Q スクラロースは誰がどのように発見したのですか。
スクラロースは、1976年に、英国の食品素材メーカーTate & Lyle社と、ロンドン大学クイーンエリザベス・カレッジとの共同研究によって開発されました。糖分子の構造と味覚との関係についての研究を進める過程で、砂糖の構造を特定の方法で変化させることにより、甘味度をさらに高め、ノンカロリーにできることを発見しました。

Q スクラロースはどのように作られるのですか。
スクラロースは、特許技術を用いる複数の工程を経て、砂糖の3つの水酸基を選択的に塩素原子に置換して合成されています。スクラロースは、強固に結合した塩素原子を含む分子構造のため、高い安定性を有しています。砂糖に近い自然な甘さがありますが、砂糖とは異なり、体内で分解されてエネルギーとして吸収されることはないため、ノンカロリーです。

Q スクラロースは天然の甘味料ですか。
スクラロースは砂糖を原料としていますが、化学的に作られた甘味料です。

スクラロースの特長

Q スクラロースの特長は何ですか。
スクラロースは、砂糖を原料として作られたノンカロリー甘味料です。甘味度は砂糖の約600倍もあり、くせのない砂糖に近い自然な甘さが特長です。味の良さに加え、水に溶けやすく、安定性にも優れていることから、幅広い用途で利用されています。加えて、スクラロースを摂取してもカロリーがゼロであることから、カロリーや糖分の低減にも役立ちます。

Q スクラロースの甘さはどの程度ですか。
スクラロースは、砂糖の約600倍もの甘味度があります。そのため、極めて少量のスクラロースを食品や飲料に使用するだけで十分な甘さが得られます。例えば、標準的な330ml缶の炭酸飲料には通常約40gの砂糖が使われていますが、低カロリーのダイエット炭酸飲料に使用されているスクラロースの量はわずか約70mg(0.07g)です。

Q スクラロースはなぜゼロカロリーなのですか。
スクラロースは、砂糖を原料として作られた甘味料ですが、砂糖のように炭水化物として体内で消化、吸収されることはありません。スクラロースを摂取しても、体内で分解されずにそのまま排出されます。

Q スクラロースは体内でどのように分解されるのですか。
スクラロースは、体内で分解されることなく、そのまま排出されます。このため、カロリーはゼロです。

Q スクラロースはどのような種類の食品や飲料に使用されていますか。
スクラロースは、くせのない砂糖に近い自然な甘さがあり、食品加工時の過熱にも対応する耐熱性に優れているだけでなく、長期にわたって甘さを保持できるため、長期保存する食品にも適しているという特性があります。そのため、飲料、菓子類、乳製品、デザート、漬け物、珍味、調味料など、様々な製品に利用されています。また、スクラロースはノンカロリーであることから、低カロリー食品、飲料に多く使われています。

Q スクラロースは一般向けに市販されていますか。どこで入手できますか。
日本では市販はされていませんが、飲料、菓子類、乳製品、デザート、漬け物、珍味、調味料など、様々な製品に使用されています。

スクラロースの安全性

Q スクラロースは安全ですか。
医学・科学分野の専門家によって、スクラロースに関する広範な研究が行われており、その高い安全性が立証されています。また、各国の規制当局が厳しい審査を行い、安全性を確認した上で、使用が許可されています。スクラロースは、現在、世界80カ国以上で食品添加物としての使用が許可されており、日本においても、1999年に旧厚生省の認可を受け、使用が認められています。

Q スクラロースの安全性はどのように確認されていますか。
スクラロースは、ガイドラインに基づいた安全性試験が実施されており、安全性を確認した上で使用が許可されています。安全性試験においては、発がん性をはじめとしたリスクを評価し、ヒトがスクラロースを摂取しても安全であるという結果が得られています。またお子様や妊娠、授乳中の女性をはじめ、どなたでも安心して摂取できます。

Q スクラロースはどの国で認可されていますか。スクラロースを安全だと認めているのはどの機関ですか。
スクラロースは、現在、北米、南米、欧州、豪州、アジア等、世界80カ国以上で食品添加物としての使用が許可されています。また、スクラロースは米国食品医薬品局(FDA)、欧州食品安全機関(EFSA)、国連食糧農業機関・世界保健機構(FAO/WHO)合同食品添加物専門家会議(JECFA)など世界の主要な規制当局、専門機関が、安全性を評価しています。日本においても、1999年に厚生省の認可を受け、使用が認められています。

Q 日本ではいつ認可されたのですか。
1999年7月30日に厚生省より食品添加物に指定されています。また2006年3月31日に、医薬品添加物規格に収載されています(薬食審査発第0331023号)。

Q スクラロースは誰でも摂取できますか。
スクラロースは高い安全性が立証されており、お子様やご高齢の方、妊娠中および授乳中の女性などどなたでも安心して摂取していただけます。スクラロースはゼロカロリーのため、カロリーや糖分の摂取を控えたい方や糖尿病の方にも適した甘味料です。

Q 糖尿病患者はスクラロースを摂取できますか。
スクラロースは、糖尿病の方でも安心して摂取していただけます。スクラロースは、砂糖のように体内で分解され、エネルギーとして吸収されることはなく、ほとんどそのまま排出されます。このため、スクラロースを摂取しても血糖値やインスリン値に影響はなく、糖尿病の方にも適していることがこれまでの研究で実証されています。

Q スクラロースを長期的に摂取すると何か影響はありますか。
スクラロースは、安全性試験の結果、長期的に摂取しても健康上の影響がないことが明らかになっています。長期的に摂取しても安全性に問題がないことから、現在、世界80カ国以上において食品添加物としての使用が許可されています。

Q スクラロースは他の食品、食品成分、医薬品と相互作用することはありますか。
スクラロースは、様々な食品に使用されているため、相互作用の可能性について徹底的な調査が行われました。その結果、スクラロースは不活性な物質であり、他の食品成分や薬品と相互作用はないことが確認されています。

Q スクラロースは難分解物質といわれていますが、環境への影響があるのではないですか。
環境中に排出されたスクラロースは、生分解性のため、微生物によって分解され、環境中に蓄積することはありません。安全性評価の結果、環境への有害な影響がないことが確認されています。